コクサイテクノの技術情報

安全・衛生への取り組み

コミュニケーションの充実

計画立案から工事完了まで

安全対策の基本はコミュニケーションの充実だと考えています。着工までのお客様とのコミュニケーション、施工時における技術者・施工者とのコミュニケーション、お客様と技術者・施工者のパイプ役、工程間の連絡を密にすることで無駄な時間を作らないスケジュール管理……。
すべての段階において最も大切なのはコミュニケーションであり、またコミュニケーションを徹底することが、信頼ある施工を実現し、スタッフの安全を確保します。
コクサイテクノの一貫施工管理システムは、すべての施工関係者の間をしっかりとつなぎ、コミュニケーション不足によるトラブルを防ぎます。

安全・衛生対策の展開

創業以来、無事故・無災害を誇るコクサイテクノでは、安全・安心な施工と職場環境を保つためさまざまな安全活動を展開しています。大きく分けると、次の4つのが活動の柱となっています。

安全・衛生対策の展開

安全・衛生パトロール

安全パトロール

施工にあたっては、安全および衛生面を考慮した入念な計画を立て、それをもとに工事は進捗していきます。
しかし、実際の現場では、予想できなかった事態が発生する可能性があります。
コクサイテクノでは、すべての現場において作業管理者が毎日巡回し、安全および衛生面の基準が確保されているかを確認し、ほんのわずかでも不安が認められた場合には即座に指導し、是正します。また、定期的に本社役員によるパトロールの実施に加え、協力会役員との合同による安全・衛生パトロールを実施し、多面的に安全および衛生状況の確認とその結果に基づく指導を実践しています。

KY・TBM

KY・TBM

作業前には必ず作業責任者を中心にして、作業者の健康状態の確認およびその日の作業内容・設備・手順、使用材料についての注意事項を話し合い、作業の危険ポイントについて全員で確認し、実行計画を話し合うKY・TBM(危険予知・ツールボックスミーティング)を行ないます。
たとえ同じ作業が続いたとしても、日によって確実に作業者の体調や作業環境は変わっており、予想される危険は同じではありません。
毎日の体調管理や危険を予測するということが大切であると私たちは考え、実践しています。
特に、最近の暑熱化により、熱中症の危険が増していることもあり、それに対応することも重要な課題となっています。

安全・衛生教育

安全教育

いかに安全面や衛生面の対策を講じようと、実際に工事を担う作業員に安全や衛生面に関する知識が欠如していたり、認識が甘ければ災害を防ぐことはできません。
当社では、日頃から安全・衛生教育を重視しており、さまざまな教育プログラムのもと、現場の作業員はもちろん警備員を含めたすべてのスタッフに対して、専門知識の習得と安全・衛生意識の向上を図っています。また、使用する材料の扱い方や施工方法についてさらなる理解を深めるための講習なども行なっています。

安全・衛生大会

安全大会

無事故・無災害を守り続けるコクサイテクノでは、全社員および協力会社の安全・衛生に係る事項に最優先で取り組んでいます。
そのことを徹底させるため、毎年一回、「安全・衛生大会」を開催しています。
この大会では、各現場で起こり得る災害リクスに対し、必要な安全・衛生対策と万が一の場合の具体的な措置について、講演等を行ない、安全・衛生に対する意識をさらに高めています。また、全社員および協力会社の連携を強化することにより無事故・無災害の継続を目指します。

Copyright © 株式会社コクサイテクノ All Rights Reserved.